最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月

いつのまにか桜が咲いてた

 先週末、結婚式が終わった。
 入籍してから約10ヶ月。準備期間は山ほどあったはずなのに、結局直前でばたばたしてしまい、慌しく当日を迎えた。

 その日は、始終頭のなかにうっすらもやがかかっているようで、現実感がなかった。大切な人たちが入れ替わり立ち代り祝福の言葉をくれ、夫がずっと「幸せだ、楽しい」と笑っていた。
 私はそれらを聞きながら、たくさん笑い、たくさん泣いている自分自身を、どこか違うところから眺めているような気分だった。渦の中心に立ちながら、そこから最も離れた場所にいるような心もとなさを抱えながら。

 けれど、遠い場所から見るその風景は、とても美しく、穏やかだった。

Ring


 当日の天気予報はくもりだった。けれど、教会からガーデンに出た瞬間だけ、狙いすましたかのように陽がさした。

 花かごから次々に投げられる色とりどりの花びら。手を叩きながら笑うたくさんの人々の顔。
 光に照らされて白く輝くそれらは、遠い過去から取り出してきた幸福な記憶のようで、なぜかとても、懐かしかった。

 いつか私が死ぬとき頭に浮かぶのは、もしかしたらこの場面なのかもしれない、と思った。

120410_122101

 なーんてぼんやりしているうちに、巷は桜が満開だったよ。

 今週末はお弁当を持って近所の公園へお花見に行こう。散りかけのまばらな桜を肴に、お酒を飲もう。

 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ