最近のトラックバック

« 一歩進んで二歩下がる | トップページ | ここ一か月の赤いものと黒いもの »

もう夏休みでも子どもでもない秋の夕べ

 昨日は神奈川県の厚木で仕事があった。B1グランプリというイベントに社が関わっているので、応援に駆り出されたのだ。
 炎天下の中、ビラ配りと撮影をしていたのだが、あまりの人の多さと、アスファルトからの照り返しの強さに閉口した。
 わざわざ好き好んでやってくるお客さんたちに脱帽する。仕事じゃなかったら、私はぜっっったい行かない。
 汗だくになりながら声を上げて走り回っていたが、十万部も刷ったチラシが捌けるはずもない。同行者と互いの健闘をたたえながら、二時過ぎには会場をあとにした。哀しいかな、結局B級グルメはひとくちも食べられなかった。ひとくちも!
 悔しいから会場近くの焼き肉店で「厚木シロコロホルモン」と「横手やきそば」を注文した。やきそばは、供された瞬間から冷たかった。かなしすぎる……。

 今日は昨日の疲れを癒やすべく、朝からお酒を呑んだり、小説を書いたりしてゆっくり過ごしている。小説はひとに読んでもらったりしつつ、すこしだけ進んだ。

 昼過ぎに一時間ほど昼寝をした。起きてみると、蚊に刺された跡が計五つ。そのうち一つは額の端でぷっくり膨れている。タンコブみたいだ。
 私はどうやらとても蚊に好かれやすいたちらしい。同じ部屋で寝ていたはずのひとはまったく無事だったのに……。アラサーにもなっておでこにタンコブだなんて。恥ずかしい……。
 いまは蚊取り線香を焚いている。とても懐かしい匂いがする。田舎の祖母の家の匂いだ。
 蚊取り線香の煙と扇風機の風、夕方のニュース、窓の外から聴こえる虫の声。
 幼いころの夏休みにタイムスリップしたような気持ち。
 とても平和で、すこし心もとない。
 もう夏は終わってしまったし、もう子どもでもないんだなあ。なんて、感傷に浸っておりますよ。
 大人な私はビールでも買いにいこうかしらね。
 おでこにタンコブつけて。

« 一歩進んで二歩下がる | トップページ | ここ一か月の赤いものと黒いもの »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335699/36822529

この記事へのトラックバック一覧です: もう夏休みでも子どもでもない秋の夕べ:

« 一歩進んで二歩下がる | トップページ | ここ一か月の赤いものと黒いもの »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ