最近のトラックバック

« 救われたくなんてないけどね | トップページ | どうしようもないこと »

落ち着きとはまだ無縁でよいです

 昨晩さんざん痛飲したわりには、清々しい気分で目覚めた。……はずが、ベッドでぼけっとしているうちに、宴席での記憶がするする蘇ってきて、ひとり赤面する。
 ああ、またやっちまった。私ってなんでこう酔っ払うといらぬことをベラベラ喋ってしまうんだろう……。聞かれてもいない恋人の話や、アドバイスと称した面倒くさい説教もどきを後輩にまくし立てた気がする。ああもう恥ずかしい。恥ずかしさで死ねる。いっそ死のう。死因:恥死 とか、いかにも私にふさわしいじゃないか。

 なんていう馬鹿なことを言ってても仕方ないので、昼風呂に入ることにした。
 明るいうちからお湯に浸かりながら本を読むのは、最も愛する休日の過ごし方。汗と一緒に自己嫌悪も流れてしまえと願ったけど、のぼせただけでした。まあでも少しは気が晴れた。

 冷えた白ワインを舐めながら、これを書いてます。酒の失敗を酒で慰める、この不毛なループ。これだから二十七歳にしておっちゃんに同類扱いされるのだわ。
 でもちょっといい気分になってきた。頭の芯がじんわり滲んでゆくこの感覚が大好きだ。こういう心地よさだけをずっと味わってられたらいいのにね。すぐに人恋しさとか切なさとかに変化するからやっかいだね。

 ああこんなぼやきを吐いてる場合じゃない。今日は十数年来の親友と久しぶりにごはんにいくから、そろそろ準備にかからねば。煙草を一本吸ったら化粧をしよう。のっぺり顔を外面モードに整えなきゃね。

 変化のない日常が退屈だ嫌だとか嘯いてるけれど、長風呂入って、気の置けない友と酒を飲むというなんてことない一日が身の丈に合った幸福なのかもしれないと思ったりもする。
 相変わらず、焦りと納得を繰り返しながら生きています。
 まあでも立ち止まってないだけいいか。こころの動きを止めたら、私は終わりだ。
 まだまだ終わるわけにはいかないのだ。

« 救われたくなんてないけどね | トップページ | どうしようもないこと »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335699/33753842

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着きとはまだ無縁でよいです:

« 救われたくなんてないけどね | トップページ | どうしようもないこと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ